【文法】インドネシア語の感嘆文

インドネシア語の感嘆文

感嘆文の基本形はBukan main -nya + 主語の形です。

感嘆の程度がより大きければ主語が省かれます。

普通に「わあ!」って感嘆するだけなら「Bukan main」だけでもいいです。

例文

Bukan main munglinya gadis itu.
あの子はなんて可愛んだ!

dan と dengan との違い

dengan と dan は『と』と日本語では訳します。

簡単にその違いを説明すれば

dengan = with
dan = and

と考えて大丈夫です。

dan は、まず前後に何かに挟まれなければなりません。
A dan B はOKだが、dan B だけでは、ダメです。
dengan は、その直後に、何か語が来ればよいです。

Saya tinggal di Jakarta dengan Arbi.
私はアルビーと住んでいます。
Saya dan Arbi tinggal di Jakarta.
私とアルビーは、ジャカルタに住んでいます。