インドネシア語の疑問詞

インドネシア語の疑問形は日常会話でよく使うのでしっかり覚えましょう。覚えれば覚えるほどインドネシア語の勉強が楽しくなります。ふつう「なぜ、どうやって、どこで、いつ」から始まります。

インドネシア語の疑問詞

siapa 誰
kapan いつ
apa 何
mana どこ
berapa いくつ、いくら
bagaimana どのように、いかに
yang mana どちら
kenapa,mengapa なぜ

のようなものです。

はい、いいえを問う疑問詞

kamu lapar? (お腹がへってますか?)

tidak. (いいえ)

答え方は簡単ですね。肯定か否定でOKです。答え方の例は他にもkadang-kadang ( ときどき), mungkin (たぶん)などがあります。

はい、いいえを問う疑問詞は語尾のイントネーションをあげればOKです。
文章ではクエッションマークをつければOKです。

例文を見てみましょう。

Sri sudah pulang (シリは家に帰りました。)

Sri sudah pulang? (シリは家に帰りましたか?)

Dia guru (彼は先生です。)

Dia guru?  (彼は先生ですか?)

Bukanの使い方。

Bukanは疑問詞の文の文末につける付加疑問文です。
英語であれば文末にisn’t it?やdoesn’t it?などがあるものと同じです。

例文:

kamu  mahasiswa, bukan?  (あなたは学生でしょ?)

pesawat berangkat jam lima, bukan?  (飛行機は5時に出たよね?)

疑問詞を使った例のおさらいです。しっかり覚えましょう。

日本語 インドネシア語
疑問詞 Pertanyaan
どうやって? bagaimana?
なに? apa?
だれ? siapa?
なぜ? mengapa?
どこ? mana?
   
彼はどこですか? di mana dia?
これは何ですか? apa ini?
なぜ悲しんでるの? kenapa kau sedih?
どうやって払いますか? bagaimana Anda ingin membayar?
   
入ってもいいですか? bisa aku datang?
彼は寝ていますか? dia tidur?
私を知っていますか? Anda tahu saya?
私の本をもっていますか? apakah Anda memiliki buku saya?
どのくらい大きいですか? seberapa besar itu?
手伝いましょうか? bisa saya bantu?
手伝ってくれますか? Anda dapat membantu saya?
英語をはなせますか? Anda berbahasa Inggris?
どのくらい遠いですか? sejauh ini?
何時ですか? jam berapa sekarang?
いくらですか? berapa banyak ini?
名前は何ですか? apa nama Anda?
どこに住んでいますか? mana Anda tinggal?